ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

タスポがなぜ必要とされるのか

未成年者の禁煙帽子対策の一環として2008年7月に「taspo(タスポ)」が導入されました。
taspoカードを使用しなければ、現在ではたばこの自動販売機でたばこの購入はほとんどできません。
たばこの購入にtaspoがなぜ必要になってしまったのか。
未成年の喫煙は法律で禁止されているため、タスポ導入前までは未成年がたばこを購入する際にお店で購入すると店員に販売してもらえないので、たばこの自動販売機を利用してきました。
そのため、たばこの自動販売機で成人認識を行うことで、未成年者にたばこを購入させないという対策としてタスポが導入されました。
taspoカードの発行には身分証明書のコピーといった成人であるという証明書が必要になるので、未成年者に発行されることはほぼありません。
それにより未成年者のたばこの購入が減少しています。
しかし、taspoカードの作成を成人している他者に依頼して未成年者が他者のtaspoカードを使用する場合もあります。
taspoは一人一枚しか持てないとされていますが、たばこを吸わない人間はカードを持つ必要がないので、作成して未成年者に渡してしまう人もいます。
また、成人している他にたばこの購入を依頼するケースがあるので、未成年者の喫煙は減ったとは言え、現在も完全になくなっていません。