ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

タール、ニコチンの有害性

タバコとはナス科タバコ属の多年草を原料として作られている嗜好品です。
主に筒状にしたタバコの葉に火を付けて、その煙を吸うという使い方をします。
煙を吸う事でリラックス作用や覚醒作用が得られます。

しかし、タバコの煙には約4千種類もの化学物質が含まれていて、そのうち2百種類以上が有害性を持っていると言われています。
その有害性を持った物質の中でも特に有名なのがニコチンとタールです。

ニコチンとはアルカロイドの一種の有毒物質です。
非常に強い神経毒性を持っていて、とても高い依存性があるのが特徴です。
また、毛細血管を収縮させる働きもあるので、結果として血圧を上昇させてしまい、喫煙が長期間に及ぶと脳卒中や心筋梗塞等の引き金になる場合があります。

タールとは、有機物を熱分解する事によって得られる黒褐色で粘り気のある油状の物質です。
よく喫煙室等のタバコを吸う部屋の壁や天井がベタベタとした状態になりますが、これはタールによって起こる現象です。
このタールには発ガン物質が含まれている可能性があり、長期間に渡って喫煙を続けると肺ガン等になるリスクが高くなると言われています。
ちなみに、タバコを毎日一日一箱吸う事を一年間続けると、一年でだいたいコップ半分弱のタールを飲んでいる事に相当します。