ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

ニコチン中毒になりやすいか肌の共用部で分かる

タバコを吸いたいが体にとってどの程度悪いのか分からないという方がいるようです。その場合にはパッチによって簡単にわかります。パッチは化粧品やお酒などが体にどの程度影響するかを試すやり方であり、肌の共用部に貼り付けることで反応を見ます。タバコの場合は葉っぱの部分を多少肌に付けておくだけでニコチンへの対応力が分かります。肌の共用部に貼り付けることでアレルギー反応がでれば赤くなります。肌の共用部で赤くなるような場合にはタバコは体にあっていません。ニコチンへの対応も激しいことが予想されるので注意が必要です。ニコチンを体内にいれた場合の症状は発疹がでるなどの症状ではなく、中毒症状が多いです。中毒症状はニコチンが切れるとイライラして落ち着かない、食欲が落ちる、怒りっぽくなる、集中できないなどの症状が出ます。中毒になる量は人それぞれであり、タバコ一本でなってしまう方も入れば一日数十本すってもすぐに禁煙できるという方もいるのです。そのため、タバコを吸って禁煙ができなくても一人で悩まないことです。禁煙ができないと精神的に弱い人とレッテルを貼られやすく、悩む方が多いですが、どうしても禁煙したい場合には禁煙外来を利用することが大事です。禁煙外来では中毒症状を抑えるために投薬治療をしてくれます。投薬はニコチンが脳内で必要としない用に対応する薬であり、脳がニコチンを必要としなければ自然と禁煙ができると言われてます。また、タバコ自体についても味をまずくする成分が入っていますのでタバコを吸うこと自体が嫌なことに感じられる様になります。投薬は個人差がありますが、数週間で終える場合が多いようです。禁煙で悩むなら早めに禁煙外来を利用してタバコをすっきり止めることが重要です