ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

ニコチン対策にはグルメと禁煙事業がオススメ

ズワイガニニコチンは体に悪い、タバコを吸っているといろいろな病気のリスクが高くなると分かってきたこともあり、禁煙を頑張る方が多いです。しかし、禁煙は単にタバコを止めればいいというものではなく、体にとってタバコが有害であることを体自身で理解していかないと禁煙は難しく、また、短期間でタバコに戻ってしまう方も多いようです。禁煙は一人ではとても難しいのです。そこで禁煙事業や禁煙外来などの他の方の知恵を借りることが重要です。禁煙事業は公的なこも、企業が行なうものなど様々ですが、禁煙を志す方が一緒に頑張ることで禁煙を実現させやすいと考えられています。禁煙事業ではカウンセリングやグループ討論などの方法の他にグルメを食しながら禁煙を実現させたり、中毒症状が起きた時に症状を軽くするグルメの作り方なども学べる場合も多く、禁煙事業を利用して禁煙したという方も少なくありません。しかし、グルメやグループ討論にかける時間も惜しいという方も多く、その場合は禁煙外来を利用することがオススメです。禁煙外来ではニコチン中毒を病気として考え、治療を行います。治療といえば、注射など痛いことが想像される方も多いのですが、禁煙外来は基本的にカウンセリングとニコチン中毒を抑え、タバコの味が美味しく感じないようにする投薬処方が行なわれます。投薬は1日1錠飲むだけ、タバコは減らさない状態から始まり、自然とタバコの量が減った段階でさらに投薬を増やし、一日2錠に増やして行く治療方法です。中毒症状が出ないように脳内に働きかけますし、タバコを吸えば苦味や気分が悪くなるなど体にタバコは有害なのだと教えてくれる薬です。そのため、自身で禁煙するうよりも成功率が高いのが特徴です