ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

未成年者喫煙禁止法について

未成年者の喫煙を阻止できなかった親権者は1万円以下の罰金を支払うことになります未成年者喫煙禁止法についてご説明します。
これは、明治33年に施行された未成年者の喫煙を禁止する法律です。
明治33年は西暦1900年ですから、未成年者の喫煙は今から100年以上も前から禁じられていたのです。
100年以上前は、もちろん今ほど医学は進歩していませんでしたが、それでも喫煙による未成年者の体への悪影響はかなり問題視されていたということです。
喫煙にはそれほどの影響があるわけです。
具体的には、細胞に与える悪影響です。
タバコには有害物質が含まれていて、それが細胞に影響を与えるとがんを発生させる可能性があります。
成長期にある未成年者は細胞分裂が活発におこなわれているので、その分がんの発生リスクも高いのです。
さらにタバコには、血管を収縮させる作用もあります。
血の流れが悪くなるので、体の隅々に栄養分が行き渡らなくなり、発達が阻害されてしまいます。
これらの理由により未成年者の喫煙は禁止されているわけです。
この法律に違反すると、タバコは没収されますし、喫煙を阻止できなかった親権者は1万円以下の罰金を支払うことになります。
未成年者にタバコを販売した店も、50万円以下の罰金を支払わなければなりません。
ここまで厳しく法律で禁じられているのは、それだけ健康への害が大きいからです。