ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

煙草の中毒性はニコチンが原因

いざ禁煙をしようとしても、なかなかやめられないのが煙草の特徴です。
実は煙草がやめられないのは、単に精神力の問題などではありません。
煙草の中毒性はニコチンが原因なのです。
ニコチンはタバコ属の植物に含まれるアルカロイドという有毒物質の一つで、即効性の高い神経毒性を有しています。
喫煙すると、瞬時に体内のニコチン濃度が上昇します。
これに伴い、ニコチンが脳内のニコチン受容体に結合し、脳内からドーパミンの分泌を促します。
ドーパミンが分泌されると、人は幸福感を感じるようになっています。
この幸福感が、喫煙した際の「おいしい」に変換されるのです。
喫煙後、数時間は体内にニコチンが留まります。
しかしニコチンの濃度が低下していくと、神経がドーパミンを出すために再度喫煙を要求するようになります。
この繰り返しが習慣付き、やがて喫煙をやめることが出来なくなってしまいます。
煙草の中毒性を断ち切るのは至難の業です。
世の中にはたくさんの禁煙補助薬が出ていますので、その助けを借りるのも一つの手です。
禁煙補助薬は、体内のニコチン量を徐々に減らすことができます。
すぐに禁煙をすると、ニコチン中毒が原因でイライラしてしまいます。
確かな効き目を持つ薬を有効に活用し、ストレスのない禁煙を行いましょう。