ニコチンの血管作用
喫煙している人のシルエット

ニコチンの作用である血管に対する影響をまとめております。

重いニコチン中毒なら友愛会がオススメ

タバコをやめようか迷っている男性ニコチン中毒は人によってかなりの差があります。しかも中毒とタバコの摂取量とは相関関係が少ないとも言われており、タバコの摂取量が少ない場合でも重い中毒が発症する方も多いようです。中毒が重い場合には禁煙はもとより、さらに多くのタバコを摂取し始めることが多く、問題となっています。ニコチン中毒はニコチンを摂取していれば落ち着く場合が多いのですが、中にはほぼタバコを摂取していないと中毒症状が止まらないという方も少なくありません。このような重い中毒の方の場合は病院にもいきづらいと考える方が少なくありません。そのような場合には友愛会を利用することがオススメします。友愛会では中毒のことを適切に理解してから治療や禁煙活動を行なうようになっています。中毒のことは意外と知られておらず、精神論でニコチン中毒になったと考える方も多いようですが、実際には脳においてニコチンが受容体に接してしまうことで起こる症状です。禁煙治療はこの受容体に薬が作用してニコチンの接近を防ぎます。体内でニコチンが必要と勘違いをされるのは受容体だけですので投薬治療がうまくいけば中毒は抑える、もしくは、解消することができます。しかし、ニコチンが体内で必要とされなくても、中毒症状が残ってしまう方も少なくなく、タバコをとにかく吸いたいと考えるようです。このような場合には友愛会が行っているような情報交換会やカウンセリングが重要になってきます。たばこは止めなくてはならないと分かっていてもやめられない場合には禁煙外来も途中でやめてしまう方も多いようです。適切な情報を得て、治療を受け、禁煙をしっかり長持ちさせるためにカウンセリングの重要性も高まっています